撲殺日記

もしいま私が風になれたなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽ。→  web拍手
 

惑星の旅

秋の夜長に、惑星の旅はいかがですか?

惑星の旅 (JSTバーチャル科学館
(処理速度が速くてステレオ音が再生できる環境を推奨)

{START}を押すと、最初に宇宙へいった人=ユーリ・ガガーリン様の深いお言葉のあとにMAIN MAP(メインマップ)が出現します。 このガガーリン様画面で大気をこするような音がするので、その音が聞こえる音量で鑑賞するといいとおもいます。

あとは、メインマップの中から旅してみたい場所をえらんで、『VISIT』(訪問する)を押すだけです。 人類が山ほど放った宇宙探査衛星からの最新の画像をゆったり眺めるムービーが始まります。 解説もすばらしくて、低くてゆるいすてきヴォイス&よく練られた内容に失禁間違いなし。 やっぱり土星プリティ! 太陽すげい! 小惑星エロスwww つか全部見ろぽ。

どの旅にも、最後に『未解明の謎』コーナーがあって、それも見ると愛着倍増。 あとメインマップ下部の『太陽系基本データ』では、惑星同士の大きさを比べっこできます。

カンタンに手が届かないものがある→想像する→想像をもとに、なんとか見る方法を考える→わずかに見える→手にいれた情報をもとに、また想像する・・・の繰り返し。
科学ってすごい。

宇宙から見たリアルな地球の画像、イギリスの大学生が自作の宇宙船で撮影
で、超低予算で宇宙の旅しちゃったヒトたちがこれ。 イギリスオタクすげい。 「マザー1・2」のキャラみたいだ。
気球に通信機器とデジカメのせて、宇宙から見た地球を撮影したラシイ。 これを応用して、小型衛星を気球で高い所まで上げてから補助ロケットで打ち上げとかできないかな。 地上から打ち上げるより、エネルギー少なくてすみそうだし。

この宇宙船『NOVA』号がどんな風に船出して、宇宙を撮影したあとどうなっちゃったのかは、一番下「オリジナル画像はこちら」から行ける画像を順番にみるとわかるんだ。
ぽ。→  web拍手
 

コメント

コメントの投稿

※スパム対策のため、httpはNGワードに設定しています。URLの記入はhttpのhを抜いて下さい。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinopon.blog17.fc2.com/tb.php/180-f28a100d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。