撲殺日記

もしいま私が風になれたなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽ。→  web拍手
 

安全にメルでPを買う -sideA-

   →安全にメルでPを買う -sideB-
我らのネクソンが、邪知なる詐欺師を撲滅してくれました。
ありがとうねくちょん!

現金で直接買うネクソンポイント(以下Pと呼ぶ)をゲーム内通貨「メル」と換える、逆にメルでPを買うといった取引が、やっと安全なものになりそうです。

新アイテム「プレミアム切手」登場

「プレミアム切手」:ショーワ通りの薬屋(ドラン)が販売

 販売価格 1,050,000メル
 店頭買取 1,000,000メル

 差額 50,000メル(5%の手数料に相当)


これとTRADE SPACE(ゲーム内RMT所)との組み合わせで、Pとメルを交換することができます。
切手はトレードに出品可能なので、メルの代わりに切手を出品すればよいのです。

 《メルをPに交換する方法》
ショーワ町に行き切手を1,050,000メルで買い、手数料5,000メルを払ってトレードに出品する。
販売価格は、他に出品されている切手の価格を参考にして決める。
(切手の価格は、トレード画面一番右上の窓の「登録番号」を「アイテム」に切り替えて、「切手」とうちこめば検索可能)

あとは、出品した切手が売れるのを待つか、買ってくれる人をさがしてその人に買ってもらう。


買ってくれる人が決まっているときは、価格は相談で決める事もできますね。あまり安すぎると、いきなり知らない人に買われてしまうかもですが。
なお、「買います」で切手を高額で買ってくれる人がいれば、その人に売ってあげたほうが得です。 その場合、即座にpを受け取ることができます。

メルがほしい人は、トレードにいき切手の出品をさがして一番安く売ってくれる人から購入し、その切手を店売りすればOKです。 (一攫千金をねらってガシャチケに走る手もありますが。。)
『売ります』の切手が高いと感じるなら、希望の金額で『買います』登録をすることもできます。

『売ります』を使うときの手数料
メル→Pのときに、切手の売買差額(切手一枚につき50,000メル)に加えて、トレードに出品するときの5,000メル。
販売登録での表示額は、受け取ることができるPより10%+100p多い金額になり、その差額は切手をPで購入する人が払います。


(例)約20Mメルを2000pにしたい場合
切手を20枚買って(-21,000,000メル)、トレードに販売登録(一回の登録で-5,000メル)。希望価格を2000pにすると、表示価格は2000×10%+100で2300pとなる。 あとは勝手に売れるのを待つか、お客さんを探して連れてくる。
お客さんはその切手20枚セットを2300pで買い、20,000,000メルでNPCに売却する。
切手屋さんには2000pが振り込まれる。
「先×」などと連呼する詐欺師が儲けるはずだった金額、20Mは無事にpになりました!

例)約5Mメルを500pにしたい場合
切手を5枚買って(-5,250,000メル)、トレードに販売登録(一回の登録で-5,000メル)。希望価格を500pにすると、表示価格は500×10%+100で650pとなる。
お客さんはその切手5枚セットを650pで買い、5,000,000メルでNPCに売却する。
切手屋さんには500pが振り込まれる。
詐欺師の損失:5,000,000メル


なお、切手が売れなかった・キャンセルした場合でも販売登録料の5000メルは返還されません。 まぁ、仕方がないよね!

『買います』を使うときの手数料
Pで切手を募集する人が購買登録をするとき、希望P額から手数料として-100Pされてさらに10%差し引かれます。
表示価格が見劣りしないように、差し引かれるpをあらかじめ上乗せする必要がありますね。
(希望P額は登録時に必要。 登録中は差し押さえられる。 円滑な取引のためには大切なしくみだ!)
切手を売る人の手数料は切手の売買差額(切手一枚につき50,000メル)です。


(例)2000pを20Mメルにしたい場合
切手20枚募集の購買登録をする。
希望価格を2000pにすると、表示価格は(2000-100)×90%で1710pとなる。
切手を買う人は2000pを購買登録時に失い、売ってくれる人があらわれたら切手20枚を得る。
切手を売る人は切手20枚を失うかわりに、即座に1710pをゲットすることができる。
ネクソンが守ってくれたお金:2000p

売ってくれる人が現れなかった、またはキャンセルした場合は、この2000pは元の持ち主に返還される。 安心だね!

 
ちょっと手数料が高い気がしますが、取引の安全には代えられないよね!
また、メルも手数料として活躍しているね。 これは、ゲームの中にメルがあふれると物価がとっても高くなってしまう現象=インフレが起こるのを防いでくれているんだ。 さすがネクソン様だねっ!


さて。 『リアルマネーであるPをつかってメルを強引に買ったりしちゃゲームとしてイカン!』というP売買の是非はともかく、取引相手を募集する拡声器がゲーム内で流れ続けている現状は受け止めるべきでしょう。

Pを売買する取引では、『先・後問題』が常につきまといます。
つまり、あとに支払うはずの人が受け取ったお金だけ持ってバックれることが多く、それをした人間は詐欺師とよばれてきたわけです。

これまではこの詐欺行為が横行していたのですが、これからはもう安心。 プレミアム切手の登場で、P詐欺師はもっと姑息な手を考えなければならなくなり、少なくとも現状のような
バックレ型カジュアル詐欺はなくなりますね。 ネクソンもたまにはいいことをします。 いいこいいこ。 さらに、取引は拡声器で持ちかけることが多く、そのたびに詐欺師情報をつのる拡声器、虚虚実実のキャラクター情報を流す拡声器など、拡声器公害が問題になっていました。

それらが一切なくなってしまうのかと思うと、そういう
ジャンク拡声器
が大好きな僕は、とてもさみしい気はするのです。
ぅひひ。

(つづく)
ぽ。→  web拍手
 

コメント

これからも見せてもらいます\(`@`)/

  • 2006/11/27(月) 20:21:56 |
  • URL |
  • オリマーズ #-
  • [ 編集 ]

v-22オリマーズ様
はじめまして。 めいぽで会ったらよろしくデス!

  • 2006/12/07(木) 01:50:48 |
  • URL |
  • きのこ #2njavCVw
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

※スパム対策のため、httpはNGワードに設定しています。URLの記入はhttpのhを抜いて下さい。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinopon.blog17.fc2.com/tb.php/189-59473fe8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。