撲殺日記

もしいま私が風になれたなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽ。→  web拍手
 

本日の西洋きのこ

Intact Gallery(完全なる無為自然のアレギャラリー)
古代ポンペイルネサンス期ルネサンス以降現代

今日は西洋きのこを鑑賞しましょう。
こうしてみると、じつに多くのきのこが皮に包まれていますね。

宗教上の理由で皮を切除することもあるが、自然美の中に肉体の美を見出す西洋の古典美術を見ても皮はあるのだから間違いない。皮なしウインナーは人為的。何もしなければ仮性があたりまえ。そう、美しき自然界では常時露出などという破廉恥なきのこを持つ生物などいないのである。
古い医学知識や営利目的の形成外科クリニックの広告などに惑わされ、大事な皮を奪われてはならないのだ。

さらに僕のように手ごろなサイズのきのこはアレ、相手を視認するだけで手も触れずに目にも留まらぬ高速の抜刀が可能。大きな風船より小さな水風船のほうがすぐに膨らむのと同じ原理。
静と動。超音速かつ無音の抜刀。アンド脱衣。いきなり臨戦態勢。それが撲殺きのこ流居合術

…とにかくアレ。
鞘から出しっぱなしじゃ、刀に悪いよ。
ちっとも実戦に使わないのも刀に悪いけどね!(ナミダ
あと、先っちょが露出している美術品をつくると逮捕されちゃうからだよっていうマジレスもあるかもしれないけれどこの際だからそっとしておいて欲しい気がするんだ。
ぽ。→  web拍手
 

コメント

コメントの投稿

※スパム対策のため、httpはNGワードに設定しています。URLの記入はhttpのhを抜いて下さい。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinopon.blog17.fc2.com/tb.php/273-fb9e2532
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。